梨泰院クラス

パク・ソジュン主演梨泰院クラス13話 セロイとイソに違和感

SUI
韓国ドラマ「梨泰院クラス」(読み方:イテウォンクラス)第13話のあらすじ&感想です。

出演:パク・ソジュン、キム・ダミ、アン・ボヒョン、キム・ドンヒ、イ・ジュヨン、クォン・ナラ

前回のストーリー

〉〉「梨泰院クラス」第12話ネタバレあらすじはこちら

「梨泰院クラス」第13話 ネタバレあらすじ

スタジオに戻ったヒョニ

キッチンに立ったヒョニは、司会者から意気込みを尋ねられると、カメラを見ながら視聴者に語りはじめた。

ネットに私のプライベートがさらされ、残念です。ご存知の通り、私はトランスジェンダーです

カミングアウトするために今日この場に立ったのか、と聞く司会者に、

私が私であることを、誰かに認めてもらう必要はないと思っています」と伝え、仲間のために最高の料理を作り、優勝するつもりだと、力強く宣言した。

その言葉通り、ヒョニは見事に優勝した。

出典:JTBC

 

チャンガグループ後継者、グンス

数日後、会社のロビーでグンスを待っていたイソ。思いがけずイソに会えてうれしいグンス。

イソはグンスに近づくと、彼の頬を思いっきりひっぱたいた。知り合いの記者から、ヒョニの記事のネタ元がグンスだと聞いたのだ。

ショックを受けながらも、「勝つためにやったことだ」と、悪びれた様子がないグンス。

 

私を手に入れたかったら、チャンガのトップになって

そう言ったのはイソだ。そのイソの一言で、仲間を捨て、チャンガに戻ったグンスは、「お前だけは、俺に何も言う資格はないと言葉を荒げたグンスの頭の中には、後継者になること、セロイを潰すことしかなかった。

以前とは一変したグンス。

そんな息子に期待をかけたチャン会長は、グンスをチャンガグループの後継者にすることを役員の前で発表した

 

セロイの夢

料理バトルで優勝したタンバムは、約束通り、トニーのおばあさんから100億ウォンの投資を受けた。

フランチャイズ事業も順調にすすみ、ようやく会社経営が安定してきたセロイは、さらに会社を大きくするために、中国進出を決意する。

 

4年後・・・

ハイセンスな自社ビルに、ベンツで出勤するセロイ。

この4年間で、株式会社I.Cは飲食業界国内シェア2位までのぼりつめた。

出典:JTBC

 

分刻みのスケジュールをこなすセロイ。そんなセロイと一緒に、株式会社I.Cを牽引するイソ、スングォン、ヒョニ。彼らは、以前と変わらず「人、信頼」を理念に置き、経営を引っ張っていた。

一方、グンスはアメリカ支社で勤務していたが帰国。企画力が磨かれ、ますますチャン会長から信頼される存在に。

ある日、体調が優れないチャン会長は自宅で倒れてしまう。検査の結果、末期のすい臓がんと診断され、余命6ヶ月と宣告される。

それを知ったグンスは、「マスコミに漏れて株価が下がる前に、後継者の指名を急いでください」とチャン会長に迫る。

「人」や「情」より、「チャンガ」を何よりも優先するチャン会長にますます似てきたグンス。

出典:JTBC

 

セロイとイソ、セロイとスア

4年の時を経ても、セロイとイソは変わらずビジネスパートナーのまま。イソは毎日のように「好き」と告白するが、そんな彼女にすっかり慣れ、気にもとめない様子のセロイ。

一方、相変わらずチャンガに勤務するスアは、チーム長から部長に昇進。彼女とセロイもまた曖昧な友情関係のままだった。

ある日、久しぶりに顔を合わせたイソとスアはカフェへ。

昔、セロイに言われた言葉を自慢げに並べるスア。

出典:JTBC

 

イソは「社長が私を好きになるんじゃないかって不安なのね」と冷笑し、とどめの一言を告げた。

出典:JTBC

 

「貧乏な男は嫌いだの何だのっ求めてばかりのあなたなんかより、私の方がずっと社長のことを愛してる」

 

グンウォンが出所

刑務所の中では模範囚だったグンウォンが、刑期よりも早く出所した

この4年間、一度も面会に来なかったチャン会長のもとを訪れるグンウォン。「だが、「あの日のことは後悔していない。すべてはチャンガを守るためだった」と、突き放される。

 

「父さんが何よりも大切にしているチャンガ、俺が守ります」と意味深なことを言い、去っていった。

 

ホジンは、偶然、街でグンウォンを見かける。瞬間、高校時代に引き戻されたかのように、足がすくむ。しかし、グンウォンはホジンを記憶すらしていなかった。十数年たっても決して癒えるのことのない傷を、ホジンはセロイに吐露した。

出典:JTBC

 

セロイとチャン会長の4年ぶりの会話

セロイは、ホジンから「チャン会長がすい臓がんで余命宣告された」と聞く。衝撃を受けたセロイは4年ぶりにチャン会長に電話をかける。

末期のがんですって?そんな簡単に逝ってもらってはいけませんよ。俺に土下座して詫びるまでは、死んでもらっちゃ困ります

挑発的なセロイの言葉に、気力をとりもどしたチャン会長。

私が生き続けることを望む唯一の人物が、こいつとは・・

「面白い。だが、長くは待てない。急いで来い」と、セロイに告げた。

第14話へ

「梨泰院クラス」オリジナルサウンドトラック【特典付き】を購入

梨泰院クラス第13話 感想

パク・ソジュンとキム・ダミに違和感しか感じない

4年の時をまたぎ、セロイの会社が国内シェアナンバー2になるという飛躍の回でした。

見終わって、何だかすっごい違和感。

たった4年で、立派な自社ビルを建ててしまったとか、
ヒョニのヅラが似合ってなさすぎとか、
ツッコミを入れたくなることは多々ありましたが・・・

それより何より、
セロイとイソに違和感しか感じない。パク・ソジュンとキム・ダミというべきかな?

パク・ソジュンて、どんな女優さんとからんでも、「ほんとは付き合ってるでしょ?」的な雰囲気をかもし出すのに、キム・ダミとはそれが皆無。だから全然キュンキュンしない。

ラブコメじゃないからいいんだけど・・・。ラブラインではなくも、セロイの成長と復讐、成功に期待したいです。

-梨泰院クラス
-, , , , , , , , ,

© 2020 STORY10PLUS