愛の不時着

愛の不時着ネタバレ感想|最終話まで見て、もう一度1話を見返したらすごかった

愛の不時着第1話感想

「愛の不時着」を最終回まで見終わった後、頭の中にすっかり住み着いてしまったリ・ジョンヒョク、ユン・セリ、チスやジュモクなど、ジョンヒョクの部下たち。

ロス状態が続き、気づけば「チナガヌン キレ ポ〜イン♪」と、ユン・ミレの「flower」を口ずさみながら、好きなシーンを頭の中で回想する日々を送っていました。

このロスを埋めるために、ヒョンビン、ソン・イェジンW主演の映画「ザ・ネゴシエーション」を見たり、ヒョンビンが北朝鮮の刑事に扮する映画「コンフィデンシャル/共助」を見たりもしましたが、心の穴は一向に埋まらず。2本ともいい映画だったのですが・・・。

「不時着ロス」は「不時着」で埋めるしかないんじゃ?と思い立ち、ドラマをもう一度見始めたところ、

最初見た時は、取るに足らない箇所が、見返してみたら、意味深いシーンだった

登場人物の心理描写や感情の動きがありありと伝わってくる

など、

最初見たときとは、まったく違う見方ができ、新たな感動を味わうことができました。そして、気づけば「ロス」が昇華され、このドラマの奥深さを改めて感じることができました。

ということで、今回は、初見では気づかなかった「愛の不時着」第1話の感動シーン5つご紹介します。(ネタバレ全開です)

「愛の不時着」第1話|ストーリーを全部知ってるからこそ深読みできる、感動ポイント5つ

1、リ・ジョンヒョクの耳が良すぎる件

第1話 16分30秒あたり

非武装地域で、銃声の音を聞いたリ・ジョンヒョクが、400メートル先に何人いて、どの種類の銃で交戦しているかをつぶさに言い当てるシーン

愛の不時着第1話感想

最初見た時は、「さすが中隊長、よく訓練受けてる」くらいにしか思いませんでしたが、スバ抜けた聴力を持っていたのは、軍隊で鍛え上げたからではなく、リ・ジョンヒョクが国際コンクールで優勝するほどの才能あるピアニストだったから。「ピアノは耳を鍛える」とはよく言ったものです。

この聴力の良さで、セリの「助けて、誰かいませんか」という声も逃しませんでした。クァンボムには聞こえなかったのに・・・。

リ・ジョンヒョクが再び、この耳の良さを生かすのは、第11話。チョ・チョルガンに誘拐されそうになったセリを守る時。じっと目を閉じて、音の出どころを突き止めるシーンは、何度見ても鳥肌モノです。

2、ジョンヒョクと別れた後のセリの言葉が辛らつだった件

愛の不時着第1話感想

第1話 39分10秒あたり

ユン・セリが南へ引き返す途中、分かれ道で、最初はリ・ジョンヒョクに言われた通り、右へ行くが、「信じられない、きっとワナよ」と言いながら戻ってくるシーン。

日本語字幕では省略されていましたが、韓国語では「信じられない、北朝鮮のヤローだもの、きっとワナよ」と、かなり辛らつな言葉が使われていました。

最初見たときは完全スルーのセリフでしたが、全16話を見終わった今、改めてこのセリフを聞くと、違和感を通り越して、滑稽にすら感じます。

最初は「北朝鮮のヤロー」だった軍人が、全16話を通して、「リ・ジョンヒョク」という一人の魅力的な人物に様変わりしたのは、セリだけでなく、私たち視聴者も同じだったはず。

また、ドラマを見る前と後では、ものの見え方や感じ方、考え方も変わりました。

かの国にもきっと、リ・ジョンヒョクのような外見も中身もかっこいい人がいて、ウンドンのように田舎に住む母や兄弟を想う若者、ジュモクや病院にいた女の子のように韓流ファン、情の厚いおばちゃんがいるはず。きっといろんな人が住んでいるはず、と。私たちの周りにいろんな人がいるように・・。

3、ジュモクが見ていたドラマが「天国の階段」じゃなきゃいけなかった理由は?

第1話 44分あたり

職務中にもかかわらず、韓国ドラマ「天国の階段」を見ていたジュモクが、詰め所の前を走り抜けるセリをみすみす逃してしまうシーン

愛の不時着第1話感想

職務中、韓国ドラマ「天国の階段」を見ながら号泣するジュモク。しかも、チェ・ジウのセリフを完コピしています。

韓ドラが休戦ラインを超えて、北の軍人にも感動を与えている素晴らしいシーンですが、「いつのドラマやねん」とツッコミ入れたくなる昔の作品にハマっているあたり、なんともアイロニーかつコミカル。最初見たときは爆笑しました。

でも、このシーンまさかの伏線でした! ジュモク(チェ・ジウ)のセリフは、後々のリ・ジョンヒョクとユン・セリの関係をあらわしていたのです!

画面の中のチェ・ジウのセリフ(feat.ジュモク)

愛する人たちは、再会できる
どんなに遠く離れても
最後には戻ってくる

ジュモクガハマっているドラマが、「冬ソナ」でも「美しき日々」でもなく、「天国の階段」だった理由は、このためだったのですね。

このセリフに、今後のジョンヒョクとセリの姿をみた今、爆笑どころかジュモクと一緒に号泣です。

4、母のケータイに現れていたセリへの愛情

第1話 46分あたり

携帯の番号「1」を長押しし、セリに電話をかける継母

愛の不時着第1話感想

心の奥底ではセリを愛していながらも、その感情を自ら否定し、セリを憎むことでしか、心の均等を保つことができなかった継母。そんな彼女のケータイの「短縮1番」には、セリが登録されていました。

ともすれば、本人さえも気づいていない本心が、いともシンプルに現れていて、何とも切ない。

14話で意識のないセリへの彼女の独白は、悲しくもあたたかいシーンでした。そして、その独白をレコーダーで聞きながら号泣するセリ、病室の外でその彼女を見守るジョンヒョクの姿も圧巻でした。

余談ですが、継母役のパン・ウンジンさん、昔はボーイッシュなお姉さんというイメージでしたが、お年を召され、感じが変わったような・・・。でも、相変わらず雰囲気のある女優さんです。

5、リ・ジョンヒョクの笑み、その意味とは?

第1話 1時間9分あたり

木に引っかかったユン・セリを発見したリ・ジョンヒョクが、彼女の様子を見て、一瞬笑みをこぼすシーン

愛の不時着第1話感想

1話、2話通して、リ・ジョンヒョクが笑みをこぼすのは、このワンシーンのみ。

応答が返ってこない無線機に話しかけながら、怒ったり、泣いたりするセリをみて、顔をほころばせるジョンヒョク。

原理原則を重んじる北朝鮮の軍人の「人間味」云々と抜かしたいところですが、それもこれもすべてすっとばして、この時点でリ・ジョンヒョクは、すでにユン・セリに一目惚れをしたんじゃ? そんな風に思います。

なぜなら、

「내 스타일이었으니까(タイプだったから)」(feat.スイスのシグリスヴィルの橋の上)

created by Rinker
¥1,320 (2020/09/23 00:29:41時点 Amazon調べ-詳細)

「愛の不時着」第1話 感想 まとめ

「愛の不時着」は、ストーリーラインがしっかりしていて、すべてのつじつまが合っているので、見るたびに新たな発見、新たな感動があるドラマのように思います。

ヒョンビン、ソン・イェジンはじめ、主役脇役問わず、出演者の演技も素晴らしいので、何度見ても飽きが来ない。

愛の不時着ロスの方、3度見、5度見、10度見、おすすめします!

「愛の不時着」が、いろんな雑誌で特集組まれていますね! 「韓流ドラマFan」は60ページの大特集、「韓国TVドラマガイド別冊」はヒョンビンの過去のインタビュー。 グラビアで振り返ると、映像とはまた違う感動があります!

created by Rinker
¥1,760 (2020/09/23 13:44:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,699 (2020/09/23 13:59:36時点 Amazon調べ-詳細)

-愛の不時着
-, , , , , , ,

Copyright© STORY10PLUS , 2020 All Rights Reserved.