愛の不時着

愛の不時着3話ネタバレ|ジョンヒョクとセリの恋が始まったのは3話からで合ってる?

愛の不時着第3話感想・解説

愛の不時着、何度も見返しているうちに、「このシーンって、そう言うことだったのね」と、気づかされることの多さったら!ハンパありません

初見では、取るに足らないと思っていたシーンが、実はものすごく深い感情を表していたという箇所がいくつもあり、見れば見るほど、新たな感動が味わえます。ホント、すごいドラマ

ということで、愛の不時着、見返したら、すごかったシリーズ〜第3話編〜」、今回もネタバレ全開でスタートです。

第1話編はこちら

第2話編はこちら

「愛の不時着」第3話|全ストーリー知っているからこそ感動できるシーン

1、すでに3話で、リ・ジョンヒョクの全神経がセリに注がれていた件

愛の不時着第3話感想・解説

総政治局長の息子でありながら、そのことをやすやすと口にしたり、権力を笠に着るなんてことは、一切しないジョンヒョク。

そんな彼が、セリの身に危険が及ぶかもしれないと知るや否や、ダンの叔父さんの権力を拝借し、729ナンバー車で、平壌からフルアクセルでセリのもとに駆けつけ、

愛の不時着第2話感想

さらには、生真面目で、正直で、決して嘘を言わないはずの彼が

僕の婚約者に何のマネですか

と、堂々と言ってのけます。目を泳がせることもなく・・・

愛の不時着第3話感想・解説

2話同様、3話でも初っぱなから、セリを全力で守るジョンヒョク。

でも、2話と3話では、大きな違いがありました。窮地を脱した直後、ジョンヒョクはセリに、すごくやさしく接するのです。

飲んで落ち着いてくれ

愛の不時着第3話感想・解説

今日、宿泊検閲があるとは思わなかった、すまない

ケガはない?

 

愛の不時着第2話感想

ジョンヒョクは、昨夜、気づいたのです。
セリは、恐怖に直面したあと、むしろハイテンションになって、やたらペラペラしゃべりながら気丈に振る舞うものの、そのあとズドンと落ち込んでしまうことを・・・。

愛の不時着第3話感想・解説

そんな彼女の心の微妙な動きをつぶさに感じ取り、彼女に今、必要なものをそっと差し出すジョンヒョク。全神経がセリに注がれていることがわかります。

それが、使命感からなのか、別の理由からなのか・・・。
答えは、眼差しにありそうです。もうすでに「意味深な目(feat.第7話)」をしています。

 

ジョンヒョクの頑な心に風穴を開けた、セリの「破壊的」すぎた一言

愛の不時着第3話感想・解説

兄の訃報を聞き、イゼルトヴァルトの湖のほとりでの演奏を最後に、ピアノへの想いを心の奥底にかたく封印し、軍人になったジョンヒョク。

愛の不時着第3話感想・解説

それから7年間、リ・ジョンヒョクに、ピアノのことを尋ねる人など、誰一人いなかったはず。と言うか、身近にいる4人の隊員でさえも、彼が才能あふれるピアニストだったなんて、想像もしていないはず。

リ・ジョンヒョクにとって、大切な思い出であると同時に、胸の痛む記憶でもある「ピアノ」。そのパンドラの箱に手をかけてしまったセリ。

とても似合わない物があった
ピアノの楽譜、公演のパンフレット、あと何だっけ スイスのバーゼル音楽院?

たぶん、ここで会話が終了していたら、ジョンヒョクの胸の奥底に封印された「ピアノへの思い」が揺さぶられることもなかったでしょう。

でも、次のセリの言葉が、彼には強力すぎました。

私も ピアノの腕は人並み以上よ 「エリーゼのために」は暗譜で弾ける

あまりにも破壊的すぎて、ジョンヒョクのパンドラの箱をこじ開けてしまったようです。だからこそ、船上で、この「せんべつの言葉」が出てきたのでしょう。

もう会わないから僕も言おう
「エリーゼのために」の暗譜を自慢げに言うな
上手の中に入らない

このセリフを聞いた瞬間、きっと私と同じく、多くの人が思ったはず。

「え、今そこ、重要!?」

ただ、全編見終えて、再びこのシーンを見ると、ジョンヒョクがセリに心を開いた「大切な瞬間」だったことがわかります。

「もう会うこともないから」と言う条件付きではあるものの、ジョンヒョクに気を許したセリは、複雑な家族関係を吐露します。

そんな彼女に呼応するかのように、ジョンヒョクも心をほんの少し開いて、封印してきた「ピアニスト」という過去を匂わせています。分かりにくすぎて、セリには全く伝わっていませんが・・・。

兄を亡くして以来、「冗談も言わず、演奏もせず、誰も愛さず(feat.14話)」、ただひたすら、軍人としての毎日を黙々と送ってきたジョンヒョク。

セリによってほんの少しだけ開かれた彼の心。3話のラストは、その隙間から本音が顔をのぞかせました。

愛の不時着第3話感想・解説

海、日ざし、山つつじ、露、いわし雲、三毛猫、バラ、そよ風、初雪、・・・・ピアノ

愛の不時着第3話感想・解説

胸の奥底の想いが一瞬立ち現れただけですが、このトマトの苗のように、いずれジョンヒョクの想いも実を結ぶ日が来ることを、私たちは知っています。

「愛の不時着」第3話 ダイジェスト

以下、3話のジョンヒョクとセリのダイジェストです。写真のみで振り返ると、二人がグンと距離を縮めたことがよくわかります。

愛の不時着第3話感想・解説

2話に続き、3話でも門前で名場面が誕生。髪を結んであげる云々以前に、ハンカチを持参して出勤するところに、ジョンヒョクらしさが出ています。愛の不時着第3話感想・解説

「縄泥棒」の子どもを咎めず、手を洗うよう促すジョンヒョクの姿に、改めて彼の温かさに感じ入るセリ。

この場面も、それを盗聴していたマンボクが感動している場面も、男の子が妹のもとへ嬉しそうに駆けていく場面もどれも素敵。

と同時に、改めて見ると、

同じく孤児出身のチョ・チョルガンが、幼い頃にジョンヒョクやセリのような大人に出会い、一瞬でも大切にされる経験をしていたなら、彼の人生はまた違ったものになっていたんじゃないかと感じ、ちょっと切なくなります。

愛の不時着第3話感想・解説

トマトの苗を見せたくてしょうがないセリと、ダルそうな振りをしているけど、まんざらじゃないジョンヒョクの姿。
背中だけで、これだけの演技ができるソン・イェジンとヒョンビンの表現力がすごすぎる

愛の不時着第3話感想・解説

愛の不時着第3話感想・解説

船の上で、初めて互いに名前を名乗り、本貫(先祖の出身地)が相手の地にあることを笑い合うシーン。ジョンヒョクが初めてエクボを見せて笑う、すごくいいシーン。

と同時に、

北と南が分断国家であることを如実に示しているシーン。「愛の不時着」は、重い現実をさらりと表現しているからこそ、より迫り来るものがある・・・。

愛の不時着第3話感想・解説

このシーン直前のジョンヒョクの言葉数の多さがハンパなくて好き。

「愛の不時着」第3話「見返したらすごかった」のまとめ

「愛の不時着」第3話、名シーンだらけでした。改めて見ても、何度見ても、深くて濃いドラマだなあと感心します。「仲間」、「恋愛」、「南北関係」などなど、観点をどこに置くかによって、全然違う見方ができるところもすごい。って全話そうなのですが・・・・

「愛の不時着」が、いろんな雑誌で特集組まれていますね! 「韓流ドラマFan」は60ページの大特集、「韓国TVドラマガイド別冊」はヒョンビンの過去のインタビュー。 グラビアで振り返ると、映像とはまた違う感動があります!

created by Rinker
¥1,760 (2020/09/22 13:44:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,109 (2020/09/22 13:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

-愛の不時着
-, , , , , , , ,

Copyright© STORY10PLUS , 2020 All Rights Reserved.