愛の不時着

愛の不時着|もう一度見返したらスゴかった6話編 ヒョンビンとジョンヒョクの共通点

愛の不時着第6話感想・解

韓国ドラマ「愛の不時着」、見返したらスゴかったシリーズ〜第6話編〜です。

リ・ジョンヒョクが、「セリの気持ち」と「自分の気持ち」を確信した回であり、セリのために命をかけた激動の回でもありました。ジョンヒョクの魅力満載です。

ヒョンビン沼にどっぷりハマっている人には、ヒョンビンが「正義感にあふれ、一見冷たそうなのに実は心優しい北朝鮮の刑事」役を演じている「コンフィデンシャル/共助」もおすすめです。

こちらもCHECK

コンフィデンシャル/共助無料配信
無料あり|映画「コンフィデンシャル/共助」愛の不時着にハマったからこそ楽しめる

愛の不時着ロスの人、リ・ジョンヒョクファンの人に、ぜひぜひおすすめしたい映画が、ヒョンビン主演の「コンフィデンシャル/共助」です。 おすすめ理由は ヒョンビンが北朝鮮の刑事を演じている その刑事がリ・ ...

続きを見る

「愛の不時着」第6話感想|ストーリーを知っているからこそ(知らなくても)感動できるシーン4つ

セリの写真

愛の不時着第6話感想・解

写真館で「一緒に記念撮影を」と誘うセリに、「記念に残す理由はない」と冷たい態度のジョンヒョク。

韓国語のセリフはもっと辛らつで、「記念に残す理由も、記憶に残す理由もないだろう」と、セリの提案をバッサリ切り捨てていました。

にも、関わらず・・・、セリの写真を余分に1枚もらっていたジョンヒョク

じゃあ、なぜ一緒に写真を撮らなかった?との疑問が残りますが、その答えは6話の後半、彼女に別れを告げるジョンヒョクの言葉の中にありました。

ここを去った瞬間、僕のことも全部忘れて、国で元気で過ごしてくれ
悪い夢だったと思って

セリが南へ帰ってしまうと、二度と会うことも連絡を取ることもできなくなる二人。そんな先のない関係を、彼女の未来に持ち込みたくないという、ジョンヒョクの思いやりだったのですね。

実際に、南の人と北の人がコンタクトを取ることは、本国でも外国(留学先や旅行先)でも、禁止されています。ドラマとはいえ、セリフの端々に重い現実が垣間見られます。

2つの「運命」

愛の不時着第6話感想・解説

密かにセリの写真をもらっていたジョンヒョクですが、すでに7年前から彼女の写真を所有していました(feat.16)。

運命の二人は、幾度となく出会い直すといいますが、セリとジョンヒョクがまさにそうですよね。

過去に何度も出会っていることに、6話の時点ではまだ気づいていませんが、「運命」という言葉が今回、繰り返し出てきました。

ク・スンジュンとの再会に「相当な運命」を感じるというセリ。そしてジョンヒョクとの出会いは「偶然」だという彼女に対して、「あっちが偶然だろ」とジョンヒョク。珍しくムキになっています。

愛の不時着第6話感想・解説

ついさっきまで、クールに「記念に残す必要はない」とか言っていた人とは思えません(笑)

でも、ジョンヒョクが正解でしたよね。

僕が言ったろ? 偶然じゃなくて、運命だと(feat.12)

愛の不時着第6話感想・解説

「予期しない出会い」が「偶然」だとしたら、その予期しない出会いによって、生き方も価値観も大きく変わるのが「運命」。そういう意味では、セリとジョンヒョクのみならず、この二人も運命でした。

愛の不時着第6話感想・解説

6話で再会したダンスンジュン

ジョンヒョクの前では感情を押し殺してばかりのダンが、二度会っただけのスンジュンには、恋愛の相談をし、さらには普段見せない笑顔をちらりとのぞかせます

愛の不時着第6話感想・解説

ジョンヒョクと一緒にいるダンより、スンジュンの前にいる彼女の方が、終始愛らしく、魅力的でした。

セリがつぶやいた「幸せ」の意味

愛の不時着第6話感想・解説

昨夜は、寝ているセリを自分に引き寄せてiいたジョンヒョクが

愛の不時着第6話感想・解説

今夜は、もたれかかるセリを押し返しています(笑)

もうすぐ南へ帰ってしまうセリに、これ以上、気持ちが向かないように、自分の思いに線引きするジョンヒョク。

ですが、

幸せだから混乱しているの

愛の不時着第6話感想・解

セリのこの一言で、とうとう彼女の気持ちと、自分の気持ちを、はっきり確信してしまいました

「愛の不時着・ビハインド映像」によると、このシーンの台本には、ジョンヒョクの箇所に

「!!!!!」

とだけ、記されていたそうです。

ビックリマーク5つに込められたジョンヒョクの複雑な感情を、表情と視線だけで表現するヒョンビンの演技が圧巻でした。南へ帰りたいけれど、ジョンヒョクのそばにいたいセリの胸の内を表現するソン・イェジンの演技も・・・

そして、二人の切実な感情と、そのすぐ後に流れる初雪を楽しむソウル市民の様子が対照的で、なんとも言えない気持ちにさせられるシーンでしたね。

「ヒョンビンの言葉」そのまんまの「リ・ジョンヒョク」

ビハインド映像で、ヒョンビンが「リ・ジョンヒョクは言葉よりも、行動で思いを表現する人」と語っていましたが、まさに!!ですよね。

6話のラストは、その極致でした。

愛の不時着第6話感想・解

愛の不時着第6話感想・解

握手じゃなくて、抱きしめてよ。最後なのに

というセリに対して、手を差し出すだけのジョンヒョク。

こんな風に、時には冷たく、時には名残惜しさを抱かせておきながら・・・・・・

愛の不時着第6話感想・解

いつも最後には、セリが望む以上のことを行動で示してくれる人。

思い返すと、最初からそうでした。

愛の不時着第6話感想・解

「ボディウォッシュ、シャンプーは?」と電話をかけてきたセリに、「せっけんで」と言って電話を切っておきながら、

愛の不時着第2話感想

化粧品から服から、ケガしたセリのために消毒液まで、買い込んできました(feat.2話)

愛の不時着第6話感想・解

「船渡し」に失敗した直後、セリが「来週は江南のカフェでくつろぎたい」といえば、「約束できない」と立ち去っておきながら、わざわざ生豆を取り寄せ、コーヒーを淹れ(feat.4話)

愛の不時着第4話感想・解説

市場ではぐれたら、絶妙なタイミングでアロマキャンドルを持って現れます(feat.4話)

セリが危険な目に遭いそうなものなら、

愛の不時着第3話感想・解説

「729車」に乗ってさっそうと登場するし(feat.2話)

愛の不時着第6話感想・解

山の上にだって駆けつけます(feat.4話)

そして、ついには・・・・・ 愛の不時着第6話感想・解

愛の不時着第6話感想・解

愛の不時着第6話感想・解

銃に撃たれてまで、セリを守ります。

ホント、ヒョンビンの言葉通り、リ・ジョンヒョクの行動が雄弁にすべてを語っていますよね。最初からずっと。

ちなみに、「リ・ジョンヒョクと本人の共通点は?」との質問に、ヒョンビンは「黙って周りの大切な人たちを守るところ」とのこと。

ソン・イェジンも「ヒョンビンさんとリ・ジョンヒョクは、シンクロ 90%」と、制作発表会と、その直後のライブトークで語っていましたよね。ユン・セリとソン・イェジンにいたっては「シンクロ 100%に到達」だそうです(制作発表会にてヒョンビン談)

ということで、有名なオフショットを1枚、笑

愛の不時着第6話感想・解

「愛の不時着」見返したらスゴかった第6話編 まとめ

最後は総集編のようになってしまいましたが、まだ6話ですよね。全ストーリーの半分にも達していません。

なのに、この内容の濃さ・・・、感嘆です。

こちらもCHECK

コンフィデンシャル/共助無料配信
無料あり|映画「コンフィデンシャル/共助」愛の不時着にハマったからこそ楽しめる

愛の不時着ロスの人、リ・ジョンヒョクファンの人に、ぜひぜひおすすめしたい映画が、ヒョンビン主演の「コンフィデンシャル/共助」です。 おすすめ理由は ヒョンビンが北朝鮮の刑事を演じている その刑事がリ・ ...

続きを見る

-愛の不時着
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 STORY10PLUS