韓国ドラマ「100日の郎君様」 完全徹底ガイド 第2話 ストーリー 

 

きれいに咲き誇る桜。その桜を見つめ、しばし幼い頃を思い出していたホンシム。そのホンシムの姿を偶然見かけたユルは、彼女にイソの面影を感じ、駆け寄っていく。

しかし、ホンシムは、慌てた様子でその場を立ち去ってしまう。

彼女を見失ったユルは、ドンジュに、イソの行方を探すよう命令するが、ドンジュは、何年もかけて探したこと、ユン・ブジョン一家に生き残っている者はいないことを、ユルに告げる。

それでも「もう一度探してみろ」と命じるユル。16年たった今も、ユルはイソのことが忘れられないでいるのだ—

その頃、ホンシムは。都の役人、チョン・ジェユンに尋問を受けていた。あれこれしつこく尋ねるジェユンに、ホンシムは気分を害しながらも、「毎月満月の日にこの橋の上で兄と会う約束をしている」とだけ告げた。ホンシムに一目惚れしたジェユンは「毎月、橋の上で会いましょう」と言い残し、去っていく。

自分の毒殺を企てた犯人の名を知る女医を刺客に殺され、その刺客も逃してしまったユルは、犯人を探すために、自身の誕生日の賀を開くことにした。

医女の首を射抜いた弓矢は、珍しいもので、その辺で簡単に手に入れられるものではないため、刺客の背後に必ず大物が潜んでいると見立てたユルは、宴で、重臣たちから弓矢を献上させ、犯人を見つけようと考えたのだ。

臣下からユルに、次々と弓矢が贈られる。受け取った矢を確かめるように一つひとつ見ていくが、どれも刺客が使用していたものとは異なる物だった・・・。このまま、犯人を逃してしまうのか、と諦めかけたその時、キム・チャオンから刺客とまったく同じ矢を献上された。

宴が終わったその夜のこと。「暗殺を企てた黒幕は、キム・チャオンなのだろうか? しかし、なにゆえ・・・? 」と、深く考え事をしているユルのもとに、世子嬪がやってくる。

世子嬪に対し、「要件は短く」と露骨に冷たい態度をとるユル。

結婚はしたものの、自分に一切の関心を向けないユルに対し、「世継ぎを授かってこそ、完璧な世子といえるのではないでしょうか。今宵、私を・・」と、世子嬪は大胆にも共寝を迫る。しかし、「そなたに私の心と体が反応しない」と、ユルは世子嬪を突きかえしてしまう。

ユルに共寝を断られた世子嬪は、その足で、父キム・チャオンのところへ行き、「計画は失敗に終わりました。もう時間がありません・・」と意味ありげなことを伝える。

    *  *  *

ユルは、キム・チャオンがなぜ自分の命を狙ったのかを探るため、ドンジュに薬房日記を持ってくるよう命じる。

しかし、薬房日記はすでに漢城府の役人であるチョン・ジェユンが数日前に持ち去ったという。チョン・ジェユンは、弓矢で喉を射抜かれて殺害された医女ソンソンの事件の捜査を担当していたのだ。

そのチョン・ジェユンに、調査内容を聞いたユルは、世子嬪が自身の暗殺に関わっているとの仮説を立てる。

 

 

 

 

 

関連記事

ドラマ「100日の郎君様」完全徹底ガイド 第1話 ストーリー