ドラマ「100日の郎君様」完全徹底ガイド 第1話 ストーリー

韓国時代劇「100日の郎君様」第1話 ストーリー

時は朝鮮王朝時代。暗雲が垂れ込める草原を、馬で駆ける時期王位継承者のユル。そこに側近のチョン・ジェユンが立ちはだかり、戦へ向かうユルを止めようと試みる。しかし、覚悟を決めているユルは、聞く耳を持たず、馬を強く鞭打ち、戦地へと駆けてゆくー。

時はさかのぼり、16年前。
王族の子である幼きユルは、武士ごっこに明け暮れる日々を送っていた。

ある日、ユルは、階層が低い奴婢の子、マッケを敵に見立て、こらしめていると、不意に後ろから頭を小突かれる。「いったい誰が!」と振り返ると、きれいな韓服に身を包んで、こちらをにらみつけるイソの姿。

「弱い者いじめをするのは、武士じゃなくて、ただの愚か者よ!」と、泣いているマッケの手を引き、去っていくイソ。その姿に圧倒されて、ぼう然と立ち尽くすユル。

イソは、王の元親衛隊長ユン・ブジョンの一人娘。お裁縫よりも、剣を振り回して遊ぶのが好きな、明朗活発な少女だ。

そんな時、現王の異母弟であるユルの父は、キム・チャオンから、王を倒し、王権を簒奪しないかとの話しが持ちかけられ、葛藤に陥っていた。

一方、ユルは、イソを脅かそうと、親友のドンジュとともに仕返しを企てる。「マッケが人食い男にさらわれた」と山中に呼び出したのだ。恐る恐る男の家の庭に入っていくと、そこに斧を持った大男の姿。怖くなったユルとドンジュは、イソを一人残して、逃げてきてしまう。

夕方、外はどしゃ降り。
無事、家に戻って来たものの、イソのことが気になるユル。意を決して、暗い山道を一人大男のもとへ向かう。そして、男の家をそっとのぞくと—

大男と仲良くなり、鶏肉を一緒に食べているイソの姿が!

ホッとすると同時に、気が抜けるユル。そして、階級や身分で人を判断せず、誰にでも分け隔てなく接するイソに、好意を抱く。

帰り道、満開の桜の中を並んで歩く二人。
イソを迎えに行く途中、急ぐあまり転倒してケガをしたユル。その腕をみたイソは、自身の赤い髪飾りの布で、手当てをする。そんなやさしくてきれいなイソに、ユルは「将来、お前と結婚する」と宣言する。

この日以来、ユルはイソによく見られようと、関心がなかった勉学に励む。そして、儒教の入門書である「小学」を読み終えた日、イソの家を訪ねた。母がきれいに洗ってくれたイソの赤い髪飾りを携えて。

イソに「小学を10日間で読み終えた」と自慢げに伝えるユル。そんなユルの頭をやさしくなでるイソ。そして、ユルが髪飾りを渡そうとしたその時—

何者かがイソの家の大門を荒々しく叩く音。イソは、「ここから動かないで」とユルに言い残して、使用人たちと門の方へ。

用件を尋ねる暇もなく、門を突き破り入ってきたのは、刀を持った男たち。使用人を斬りつけ、次にイソを斬ろうとしたその時、イソの父、ユン・ブジョンが阻んだ。

「妹を連れて逃げろ、そして生きのびろ」イソの兄ソッカにそう伝え、自ら盾になるユン・ブジョン。そんな父を残して立ち去れないイソだが、兄に強く手を引かれて、その場を離れる。

男たちと戦うユン・ブジョンと、使用人たち。
しかし、使用人は次々斬られ、ユルが一緒に遊んでいた幼いマッケまでもが無惨に殺されてしまう。

目の前で何が起きているのかわからないまま、立ちすくむしかないユル。

ユン・ブジョンが絶体絶命の中、王の返り血を浴びた一人の男が現れた。
ユルの父に謀反することを持ちかけたキム・チャオンだ。ユン・ブジョンの戦友であったキム・チャオンは、その友にとどめを刺した。

「一人残らず皆殺しにしろ」と指示するキム・チャオン。その一部始終を見ていたユルはイソを助けるために、男たちの前に立ちはだかり、「あの者たちを追うな!追うなら、王族の名にかけて成敗する」と無我夢中になって叫んだ。

そんなユルに近づく鋭い目をしたキム・チャオン。ユルはキム・チャオンに抱きかかえられ、ユルの父のもとへ連れて行かれる。父の姿を見つけたユルは、駆け寄り、必死に父に助けを乞う。が、次の瞬間、キム・チャオンはひざまずき、父にこう告げた。

「ご命令通り、すべての者を葬りました。今、この時から、世は殿下のものでございます」

場所は変わり、王宮。
王位継承者だけが袖を通すことを許される紫色の龍袍を手にした女官に囲まれたユル。しかし、母の姿は王宮のどこにも見当たらない。何かおかしいと感じながらも、何も理由がわからず、母上が帰ってくるまでは、何もしないと、その場から走って立ち去ってしまう。

王宮が見渡せる楼閣では、王に即位する直前のユルの父と、キム・チャオンが密談を交わしている。

功を讃え、望むものを与えると告げるユルの父に、キム・チャオンは国舅、つまり、自身の娘とユルを政略結婚させ、時期国王の義父になることを申し出た。

やや戸惑うユルの父に、キム・チャオンは畳み掛けるように、続ける。
ユルの母が、山寺に向かう途中に足を踏み外し、転落して死去したと—。

そのを聞いていたユルは、泣きながら母のもとへ行こうを走り出す。しかし、広い王宮。走っても走って、一向に外へ抜け出すことはできず、女官に取り押さえられてしまう。

泣いているユルにゆっくりと近づき、「いずれ王になる物は、私的なことで涙してはなりませぬ」となだめるキム・チャオン。「王になんぞなりたくない」と抵抗するユルの腕を強くつかみ、「お泣きください。それができるのは、今日が最後です」と言って、立ち去る。

「母上、母上」と泣き叫ぶユル。

16年後ー

笑顔など、遠い昔に忘れてしまったかのような、冷淡な目をした世子に成長したユル。
政略結婚した世子嬪にも冷たく、未だに寝床を共にしたことがない。

気難しい上、勝気な性格で、「数ヶ月間、雨が降らないのは、陰陽(男女)が調和しないからだ」と周囲から苦言を呈されると、「結婚適齢期を過ぎた20歳以上の男女を全員、今すぐ結婚させよ」と、臣下に無理難題な命令を下す始末。

そんなユルだが、体調が優れない日が多く、ある日のこと、とうとう意識を失い、倒れてしまう。

王宮では、病弱なユルに代わり、自身の息子ソウォン大君を世継ぎにしたい王妃の側と、それに反対する者たちの二手に分かれ、それぞれの思惑が交錯していた。

10日間、覚めないユルだったが、実は、病のふりをしていただけだった。処方された韓方薬を止めると、体調に異変がないことに気づき、何者かが自身の毒殺を企てていることに勘付いたのだ。

その犯人を探すため、護衛武士であり、幼なじみでもあるドンジュとともに、密かに動き始めたユル。

自身を毒殺しようとした医女を突き止めたものの、誰に命令されたかを吐かせようとした時、刺客に弓を射られ、目の前で医女を殺されてしまう。刺客を追うが、刺客も逃してしまう。

一方、イソは、「ホンシム」と名を変え、庶民のヨン氏の娘として、明るく、強く、たくましく、ソンジュ県という村で暮らしていた。

ソンジュ県の最高齢独身女性であるホンシムのもとにも、世子の「適齢期を過ぎた男女は全員結婚せよ」という命令が下されるが、一人で必死で抵抗している。

ある日、ホンシムは一人都へ出掛ける。16年前に生き別れた兄と「離れ離れになったら、満月の日に毛塵(モジョン)橋で会おう」という約束を守るためだ。

かつて「イソ」だった頃のように、良家の娘の格好をして、橋へ。橋のたもとの満開の桜の木を見て、しばし、幼い頃のユルと記憶を思い出すホンシム。

刺客を逃し、王宮に戻ろうとしていたユルも、同じように桜を見ながら、イソのことを思い出していた。

ふと、視線を橋のたもとに向けると、桜の下に美しいホンシムが。ユルは、ホンシムに、かつてのイソを面影を見つけー

2話へ続く

関連記事

関連記事がありません。