梨泰院クラス

NETFLIXで公開中!パク・ソジュン主演「梨泰院クラス」1話感想

SUI

パク・ソジュンの新ドラマ「梨泰院クラス」(読み方:イテウォンクラス)。

原作は、1000万回ダウンロードされた、爆発的人気のウェブ漫画とあって、内容がめちゃくちゃ面白いです。

そして、パク・ソジュンの演技がまた熱い! パク・ソジュンといえば、どんな役を演じても、ソフトでやさしいイメージがあったのですが、今回は「骨太」のいい男、パク・セロイを熱演しています。

「最近、調子が悪い」「何やってもつまらない」という時にこそ、ぜひ観ることをおすすめします。

腹の底が熱くなり、力が湧いてきて、今すぐ何かを始めたくなること間違いなしです!

熱い原作と熱い演技に、1回目からどハマりです。

「梨泰院クラス」 第1話 ネタバレあらすじ

時はさかのぼること15年前

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

高校生のパク・セロイ(パク・ソジュン)は父親の転勤で、片田舎のパジョン市へ。

新しい町にやってきた初日、セロイは、駅にいた路上生活者を払いのけるように、階段を上って行くオ・スア(クォン・ナラ)を目撃する。

セロイはスアに近づき、「危ないだろ、謝ってこいよ」と注意するが、スアは「そうやっていい子の振りしてたら、気分いい?」と言い返して、そのまま立ち去る。

スアとの再会

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

セロイは、父のソンヨル(ソン・ヒョンジュ)と一緒に、児童養護施設へ。

ソンヨルが勤務する会社は、ここの援助を行なっていたが、会長の意向で、援助打ち切りが決まっていた。

施設援助担当のソンヨルは、ここで暮らすスアに、そのことを伝えに来たのだ。

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

思わぬところで再会したセロイとスア。二人は、言葉を交わすも、どこかケンカごし。

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

転校した高校で、セロイはスアとまた再会した。しかも、同じクラスの隣の席に。気まずいまま、座るセロイ。そんなセロイを無視するスア。

御曹司グンウォンとの出会い

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

セロイが教室にいると、後ろから「ドン」という大きな音が。振り返ると、チャン・グンウォンが気の弱そうな生徒をいじめている。

チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)。韓国最大手外食企業「チャンガ」の御曹司だ。

「梨泰院クラス」グンウォン役アン・ボヒョン

画像元:JTBC

グンウォンの傍若無人な態度に、クラス中が見て見ぬふり。そんな異様な雰囲気の中、セロイはグンウォンを止めようと席を立つが、スアが制止した。

あんたのお父さんが勤める会社の会長の息子よ」。

しかし、セロイは、そんなスアの忠告も聞かず、セロイはグンウォンのもとへ行き、言い放った。

「会長の息子だったら、チンピラみたいなマネをしていいのか?」

その言葉に教室の誰もが凍りつく。と、その時、教師が教室に入ってきたが、教師さえも見て見ぬふり。

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

この学校では、俺のやることがルールだ」といきがるグンウォンを、セロイはとうとう殴ってしまう。

チャン会長との出会い

この一件で、セロイの父ソンヨルは、学校に呼び出される。また、グンウォンの父チャン・デヒ(ユ・ジェミョン)会長も学校へ。

チャン会長は、セロイに「息子に土下座をして謝ったら、すべて丸く収めてやる」と高圧的な態度。

そんなチャン会長に、セロイは静かに話し始めた。

間違ったことをしたら、罰を受けなけれなならないと父から教わりました。また、信念を持って生きるようにも教わりました。

目の前で生徒がいじめられていても、先生はそれを黙認。その一方で、優遇される生徒がいる。そんな状況に耐えられませんでした。暴力を振るった罰は受けるべきだと思います。

でも、グンウォンに謝ることはできません。悪いことをしたとは思っていませんから。これが僕の信念です

会長の前で堂々と自分の思いを伝えるセロイ。そんなセロイを黙って見守るソンヨル。

チャン会長はソンヨルに問うた。「パク部長、君の考えは?」

「世間知らずなやつで・・・。誰に似たのか・・」申し訳なさそうに答え、続けた、

でも、芯の通った自慢の息子です。こいつの思い通りにさせるつもりです。責任を取ると言っているので、私からは何も言うことはありません」。 

呆れた顔のチャン会長に「辞職します。お世話になりました」と、ソンヨルは深々と頭を下げた。

こうして、セロイは退学処分になり、父のソンヨルは会社を辞めることになった

父の言葉

学校を出たソンヨルとセロイは、小さな食堂へ。

申し訳ない気持ちでいっぱいのセロイに、ソンヨルは「父さんも自分の信念を貫いただけだ」と言って「酒は飲めるのか?」と焼酎をすすめた。

お酒を飲むときのマナーを教わりながら、父についでもらった焼酎を飲み干すセロイ。

酒の味を「甘い」と答える息子に「今日が印象深い一日だったということだ」と励ますソンヨル。

そんな父のやさしさにセロイは胸をつまらせながら、父に詫びた。すると、ソンヨルは、自分の思いを正直に息子に伝えた。

信念を持つようお前に教えてきたが、俺はそうはできなかった。だからお前には胸を張って生きてほしいと願っていたんだ。

今日のお前を見て、どれほど誇りに思ったことか。セロイ、これからも変わるなよ

その父の言葉に、セロイは涙をこらえながら、焼酎を一気に飲み干した。

セロイとスア

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

大学受験面接の日、走って会場に向かうスアは、ジョギング中のセロイに出会う。

「バスを持っていたら遅れる」というスアに、セロイは、ペースメーカーになってやると、一緒に走り始めた。

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

セロイのおかげで遅れずに会場に到着し、面接も難なく終えることができたスア。外に出ると.セロイが待っていた。

「どうして待っていたの?」と尋ねるスアに、「仲良くなりたい」と照れながら伝えるセロイ。

最初は嫌なヤツだと思ったけど、今はちょっとわかる気がする。ひねくれてるだけなんだよな」と、からかう。

そんなセロイに、スアは正直に「誰もあいつを止められなかったのに、かっこよかった。でも、結局退学。私はあんたみたいにはできない」と言う。

少し打ち解けたスアに、電話番号を教えてほしいと言うセロイ。

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

友だちとして教えるのよ。好きにならないでよ」とスアは何度も釘をさすが、「先のことはわからない」とセロイは笑って答える。

穏やかな日常が、突然終わりを迎える

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

会社を辞めたソンヨルと、学校を退学処分になったセロイ。二人は、小さな食堂を開業する準備を進めていた。

特別なことなど何も起こらないけれど、穏やかでいつもと変わらない日々。そんな日常が突然、終わりを迎えた。

買い出しに出ていたソンヨルが、交通事故で亡くなったのだ。

食べ物も喉を通らないほど失意の中にいるセロイ。そんなセロイをそばで支えるスア。

そんな折、葬儀場に刑事オ・ビョンホンが訪ねて来た。犯人が自首し、示談を要求しているという。

セロイは「父さんの命を金で測れと言うのか」と、やりきれず、その場に倒れるように座り込んだ。

「2日間、まともに睡眠もとっていないんです。また今度にしてもらえませんか」とスアが刑事に伝えると、刑事は事件の調書を置いて去っていった。

と、その時、スアが調書に紛れて入っていた防犯カメラの写真を見て、あることに気づく。

犯人の車と、グンウォンの車種、ナンバーが全く同じだったのだ。「確かか?」と聞くセロイに、「限定ナンバーと言っていたもの」と答えるスア。

スアが必死に止めるのも聞かず、セロイは葬儀場から出て行く。

何かに取り憑かれたように、町中をかけまわるセロイ。そして、病院にいたグンウォンをとうとう見つけ出した。

怒りがこみ上げるセロイは、

「なぜ、すぐに救急車を呼ばなかったんだ。なぜ、他のヤツが自首してるんだ。なぜ、父さんを殺したんだ」

と叫びながら、狂ったようにグンウォンを殴り続けた。

「悪かった」と謝るグンウォン。

「もう遅い、謝っても父さんは帰ってこない。お前が殺したんだ。お前が逝って、直接父さんに謝れ」。

そう言いながら、セロイは近くにあった石を両手で持ち上げ、「死んでしまえ」と叫びながら、石を大きく振りかざした。

2話に続く

梨泰院クラス 第1話 ネタバレ感想

パク・ソジュン演じるパク・セロイに感化されっぱなし

梨泰院クラス第1回ネタバレ感想

初っ端からストーリーが熱すぎて、展開も早すぎて、めちゃくちゃ面白かった。

誰しも見て見ぬをすることに、正面からぶつかっていくパク・セロイの生き方に、共感しつつも、

「私は信念を持って生きて来ただろうか」とか

「高校時代、もしあの教室にいたら、私も傍観していたんじゃないか」とか、

「でも、今なら勇気を持って向かっていけそう」とか

いろんな思いが、次から次へと巡っていく。

それにしても、パク・ソジュンって、こんなにセリフや演技に力のある俳優だったんだ、と新たな魅力再発見。

何を演じても「スマートないい男系」になってしまうと、勝手にレッテルを貼っていたけど、今回は骨太で、真っ直ぐで、熱い。

そして、彼が発する一言一言がいちいち刺さる。すごい俳優だな。

ストーリー、役者、挿入歌が、うまく掛け合わさっていて、すごいシナジー生んでいる。

まるで総合芸術みたい。

すごいドラマだわ。第1回目から、感動しっぱなし。これからのストーリー展開が楽しみです!

梨泰院クラス 挿入歌 Gaho「はじまり」 歌詞(日本語訳付き)

挿入歌が良くて、何度も聴いていたら、歌詞もめちゃくちゃいいことに気づいたので、訳しました。

頑張っている人への応援歌みたいで、胸にしみる。

タイトル:はじまり 시작
アーティスト:Gaho  가호

새로운 시작은 늘 설레게 하지
新しい始まりはいつも胸が高鳴る

모든 걸 이겨낼 것처럼
すべて乗り切れる気がして

시간을 뒤쫓는 시계바늘처럼
時間を追いかける時計の針みたいに

앞질러 가고 싶어 하지
前のめりに駆け出したくなってしまう

그어 놓은 선을 넘어
ラインを超えて

저마다 삶을 향해
それぞれの人生に向かって

때론 원망도 하겠지
時には悔しい気持ちになるだろう

그 선을 먼저 넘지 말라고
ラインを先に超えるな、と

I can fly the sky

Never gonna stay

내가 지쳐 쓰러질 때까진
疲れ果てて倒れるまでは

어떤 이유도
どんな理由も

어떤 변명도
どんな言い訳も

지금 내겐 용기가 필요해
今、必要なのは勇気だ

빛나지 않아도 내 꿈을 응원해
輝いていなくても自分の夢を追え

그 마지막을 가질 테니
最後は手にするから

부러진 것처럼 한 발로 뛰어도
ケガをして片足で走っても

난 나의 길을 갈 테니까
自分の道を歩いていくから

지금 나를 위한 약속
今、自分のための約束

멈추지 않겠다고
あきらめないと

또 하나를 앞지르면
だし抜かれても

곧 너의 뒤를 따라잡겠지
すぐにお前に追いつく

원하는 대로
ほしいものは

다 가질 거야
すべて手に入れるつもりさ

그게 바로 내 꿈일 테니까
それがボクの夢だから

변한 건 없어
変わってなんかいない

버티고 버텨
耐えて耐え抜け

내 꿈은 더 단단해질 테니
夢はさらに揺るぎないものになるから

다시 시작해
もう一度始めろ

Ah ah ah ah ah
Ah ah ah ah ah ah
Ah ah ah ah ah
Ah ah ah ah

다시는 나를 잃고 싶지 않아
二度と自分を失いたくない

내 전부를 걸었으니까
自分をすべて賭けたから

원하는 대로
ほしいものは

다 가질 거야
すべて手に入れるつもりさ

그게 바로 내 꿈일 테니까
それがボクの夢だから

변한 건 없어
変わってなんかいない

버티고 버텨
耐えて耐え抜け

내 꿈은 더 단단해질 테니
夢はさらに揺るぎないものになるから

다시 시작해
もう一度始めろ

Ah ah ah ah ah
Ah ah ah ah ah ah
Ah ah ah ah ah
Ah ah ah ah

-梨泰院クラス
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 STORY10PLUS